アクセサリー販売 

手作り市では色々なものを販売することが出来ます。
その中でとても人気があり、比較的数が多いのがアクセサリーです。

手作り市でアクセサリーを販売する場合、よく売れるものはビーズでつくったものです。
スワロフスキーのものなども、とても人気があります。ネックレスも人気がありますが、手軽に購入することが出来るブレスレットも数多く出されているので、よく売れています。

手作り市で販売をする場合は、サイズを少し変えたり、色違いをつくって持っていったりするようにしましょう。イベント調べにはkyoto-tedukuriichiがおすすめです。


色違いのものもブースにディスプレイする場合はよいのですが、ディスプレイしない場合は色違いありますと明記しておいた方が良いです。
また、ネックレスとブレスレットなどで揃いのデザインの場合は、同じ場所に並べて飾るようにしましょう。

1点ものということもあり、気に入ったものだと色違いで買う人もいます。
そこに行かないと買えないという付加価値が手作り市にはあるからです。
ですから、バリエーションで商品展開することは売り上げにも繋がります。

 

フランスの「蚤の市」が期限!フリーマーケットの歴史

日本でもよく駅前や公園などで開催されているフリーマーケットですが、その起源はフランス各地で古くから行われていた蚤の市にあります。
日本語だと「フリー」という言葉は、「Free(自由)」だと誤解される事が多いですが、日本語名のとおり「flea(蚤)」を意味しています。

なぜ、そのような名前がつけられたのかというと、諸説あります。
たとえば人々が使い古したものを並べて売り買いする姿を蚤が宿主を移り歩く様子に似ているからとか、蚤がたかるほど薄汚れた品を売り買いしているからという由来が代表的です。

そういった由来を知るとフリーマーケットの見方が変わってしまうかもしれませんが、物を使い捨てにするのではなく必要とする人のところに譲り渡し使ってもらうことは環境保全に役立つことです。
アメリカでは1970年代に起きたオイルショックの影響で、限りある資源に対する人々の意識が変わりフリーマーケットが浸透していきました。
そして日本には、1970年代後半にアメリカとの親善活動の一環である「アメリカ建国200年祭」キャンペーンとして、雑誌などで取り上げられました。

1979年になって団体が結成され、大阪市で第1回のフリーマーケットが開催されました。
そこから団体の活動によって全国的に普及し、現在では多くの人が当たり前のように知っているイベントになりました。

最近では、地域振興や売上を募金する慈善活動など様々な目的で開催されています。